専門家によるダイエット

クリニックでメタボ解消を

お腹

最近太ったな、肥満気味かななどと感じたら、多くの方が食生活を見直したり、生活に運動を取り入れたりと意識をすることでしょう。
しかしそのような方たちの中には、クリニックなどの肥満外来にかかって、専門家による治療が必要なレベルの方もいらっしゃいます。
肥満外来は肥満の方の治療を主に行うもので、投薬治療を始めとし、基本的な生活習慣の見直しや食生活の指導などを行なっているところです。
専門家による指導と治療を行なっているので、自力でダイエットするよりもリバウンドする可能性が低く、健康的に脂肪を減らし肥満を改善していくことができます。
何度もダイエットにチャレンジしてみたけれど、いつもうまくいかない、すぐにリバウンドしてしまうという方にはとてもおすすめです。
肥満外来が特に必要であるという方は、例えばBMIが標準を超え、肥満の域に達してしまっている方や、腹囲が基準値以上のメタボリックシンドロームの方などが当てはまります。
太っている男性などに多く見られる、睡眠時無呼吸症候群という睡眠している時に呼吸が止まってしまう方や、鼾が過度にある方などもそうです。
また、持病に糖尿病や高血圧、脂肪肝、脂質異常症などの生活習慣病を抱えている方も、肥満外来にかかることによって、持病の悪化を防ぐことに繋がります。
過度の肥満になってしまった場合は、自力で改善していくことが難しい場合も多くありますので、専門家の正しい指導のもとで治療していくことで楽にダイエットすることができます。

場合によっては保険適用される

医者

肥満は病院で治療することができます。
肥満による生活習慣病が問題視されるようになり、多くの病院には肥満外来やダイエット外来が開設されました。
肥満外来では、まず最初に体中の検査が行われます。
体重はもちろんのこと、肥満の程度を調べる脂肪率も測定されます。
それに基づき、治療プログラムが計画されるのです。
また、患者の精神状況を知るために医師とマンツーマンで入念なカウンセリングも行われます。
それでは、こういった治療にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。
また、保険の適用は受けられるのでしょうか。
その現状について以下に説明を行います。
肥満治療にかかる費用は人によって異なります。
肥満度が深刻な場合はその分だけ高い治療費が必要になりますが、比較的肥満度の低い場合は治療期間も短くなるため費用も安く済むことになります。
また、生活指導だけでなく投薬治療が必要になる場合は薬代もかかります。
特定の条件に当てはまる場合の肥満治療は保険が適用されるため、負担はそれほどかかりません。
ただし、保険適用外の薬を選択した場合にはその分の薬代は全額自己負担となります。
また、脂肪除去手術などの外科的治療が要る場合にも保険は適用されません。
もちろん、保険適用内と適用外の治療の両方を組み合わせることも可能です。
保険が適用されるのは、健康診断などで高度の肥満に分類された場合です。
また、それに伴い高血圧や糖尿病などの生活習慣病と診断された場合も含まれます。
その他、睡眠時無呼吸症候群や腰痛などを発症した場合も適用されます。

健康的な体になろう

病院内

たくさんの方が自分の体の脂肪を落としたり、代謝を上げたりするためにダイエットを行なっていますが、大体は自力で行なっている場合が多いでしょう。
しかし中には肥満の度合いが健康に生活できる範囲を超えてしまっている人がおり、専門家による治療や指導が必要な方もいらっしゃいます。
例えば腹囲が男性なら85センチ、女性なら90センチを超えてしまう、所謂メタボリックシンドロームの方や、睡眠時無呼吸症候群の方などが当てはまります。
そのような方は自力でダイエットをするのではなく、専門家の指導と治療によって肥満を改善していく肥満外来にかかることが大切です。
肥満外来では、まず最初に血液検査や内蔵脂肪のつき具合などを調べるメディカルチェックを行い、それぞれの人の肥満の具合や症状によって治療方針を決めていきます。
薬などを使用する投薬治療などもありますが、主になってくるのは基本的な生活習慣の改善や食生活の見直しの指導です。
専門家がそれぞれに合った無理のないプログラムを組んでくれますので、比較的楽にダイエットを進めることができますし、自分に合う正しいダイエットを行うことでリバウンドの可能性も低くなります。
今はメディアなどでも様々なダイエット法が紹介されていますが、それら全てが正しいとは言えませんし、自分に合うかどうかというのも中々分かるものではありません。
肥満外来に通うことで、専門家がきちんと自分の体の状態を見てくれますので、そのような間違ったダイエットを避けることができます。